買取(査定)したARMED(アームド)の商品

『ARMED(アームド)』は2007年にスタートした日本のファッションブランドです。UNDER COVERの姉妹店のSPACE BUGに認められ、両直営店で扱われるようになりました。特にファッションに関心のある若者向けブランドとしての評価が高く、メンズからの人気があります。加工や生地、細部へのこだわりで、流行を追い求めるよりも【さりげなさ】によって生み出される新しい観点からの服作りを目指しています。

ARMED(アームド)の買取(査定)商品一覧

  1. ARMED(アームド)/半袖ポロシャツ
    ARMED(アームド)のポロシャツ
    ARMED(アームド)/ポロシャツ/3/黒×アイボリー
  2. ARMED(アームド)/パーカー
    ARMED(アームド)のパーカー
    ARMED(アームド)/パーカー/1/ベージュ×黒×ブラウン
  3. ARMED(アームド)/ジャケット
    ARMED(アームド)のジャケット
    ARMED(アームド)/ジャケット/2/黒
  4. ARMED(アームド)/長袖セーター
    ARMED(アームド)のセーター
    ARMED(アームド)/セーター/1/ダークネイビー×ベージュ×マルチ
  5. ARMED(アームド)/長袖セーター
    ARMED(アームド)のセーター
    ARMED(アームド)/セーター/なし/ベージュ×ダークネイビー×マルチ
  6. ARMED(アームド)/カーディガン
    ARMED(アームド)のカーディガン
    ARMED(アームド)/カーディガン/3/アイボリー×ダークグレー×ライトブルー
  7. ARMED(アームド)/カーディガン
    ARMED(アームド)のカーディガン
    ARMED(アームド)/カーディガン/2/黒×ライトブラウン×マルチ
  8. ARMED(アームド)/カーディガン
    ARMED(アームド)のカーディガン
    ARMED(アームド)/カーディガン/1/ベージュ×ダークブラウン×黒
  9. ARMED(アームド)/ジャケット
    ARMED(アームド)のジャケット
    ARMED(アームド)/ジャケット/1/黒×グレー×マルチ
  10. ARMED(アームド)/ジャケット
    ARMED(アームド)のジャケット
    ARMED(アームド)/ジャケット/2/黒×ベージュ×ダークグレー
  11. ARMED(アームド)/半袖シャツ
    ARMED(アームド)のシャツ
    ARMED(アームド)/シャツ/2/黒×白×イエロー
  12. ARMED(アームド)/ワンピース
    ARMED(アームド)のワンピース
    ARMED(アームド)/ワンピース/F/黒×ベージュ
  13. ARMED(アームド)/カーディガン
    ARMED(アームド)のカーディガン
    ARMED(アームド)/カーディガン/2/ライトブラウン×ダークブラウン×黒
  14. ARMED(アームド)/ジャケット
    ARMED(アームド)のジャケット
    ARMED(アームド)/ジャケット/3/黒×白×シルバー
  15. ARMED(アームド)/カーディガン
    ARMED(アームド)/カーディガン/黒
(全15点)   1  

ARMED(アームド)の取扱ジャンル

取扱不可ジャンル

バッグ 財布 アクセサリー 時計 靴 ボトムス その他(小物類)

買取対象外の商品が含まれると査定がスムーズに行われず、査定結果のご連絡が遅れる場合がございます。
お手数ですが、事前にお送りいただく商品が買取可能なジャンルであることのご確認をお願い致します。

このブランドを査定に出した人は、こんなブランドも送っています

英字orかな
取扱ブランドを探す  

ARMED(アームド)について


セレクトショップに「選ばれる」ブランド

 ARMED(アームド)のHPは、ブランドについて多くを語っていません。「生地の加工やディテール、サイズ」に対するこだわりと、アームドのデザイナー神應宏光(かんおぅひろみつ)の「今の気分」によってデザインされている事、この二点がほとんど全てのようです。アームドの商品のクオリティは、むしろ他者からの評価によって裏付けられています。ギルドプライムや、ロイヤルフラッシュの直営店など、いわゆる「高感度セレクトショップ」といわれるブランドのセレクションに選ばれていることは、アームドというブランドに対する評価の高さを示していると言えるでしょう。



主張しすぎないカッコよさ

 アームドというブランドを語るうえで重要なポイントは「さり気なさ」です。ファッションに凝りだすと、アイテムといいコーディネートといい、主張しすぎてくどくなりがちです。けれどもアームドの提案するデザインは「さり気ない」ことです。ニット一枚、あるいはジャケット一着をさらりと羽織っただけでそのディテールから洒落っ気がほど良くにじみ出ます。このお手軽さが、アームドブランドが好まれる理由かもしれません。


宅配買取の流れ

流れイラスト